ロッド・リール

Fishman ベイトロッド専門メーカーの魅力!

Fishman2019大阪フィッシングショーで、ぼくが楽しみに立ち寄ったメーカーがFishman(フィッシュマン)です。

ここのメーカーは、ベイトキャスティングロッドのみをリリースしている会社です。
なにせ販売促進が上手い!というか、魅力あり過ぎのタックル軍団で、ベイトキャスティング好きには気になっている人も多いでしょう。

テルヤス
テルヤス
そして、フィッシュマンというロッドメーカーをご存知無い方は、この機会にチェックしてみてください。多分、気になる人は多いはず!笑
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
ロッド自体がカッコいいし、その釣り方で釣れたら面白いっていうのが、一番の魅力なのかなって思うよ

ベイトキャスティングロッドメーカーというFishman

フィッシュマンベイトロッドコルクとEVA、グリップ部分のデザイン、フォアグリップ。パッと見てFishmanロッドであると分かる軍団。自宅に飾っておいたら、さぞ生き甲斐がでて良いでしょう・・・。

しかし、子供には絶対に触れて欲しくない部分でもあります。笑 なんせFishmanロッドは1本が5万円以上するロッドもあり、高価格帯に位置するロッドでもあります。

テルヤス
テルヤス
飾って目で楽しむのには良いんだけど、間違えてでも触って折られたくない・・・。笑
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
まぁ、わざとじゃなかったら笑って許してあげよう!笑

BRIST MARINO 106MH(ブリストマリノ)

今年のフィッシングショーで、手に取ったアイテムの中で、これは・・・。と思ったのが、この1本です。

なんせベイトショアジギングロッドというのは、今のところアブガルシアはシリーズで充実していると言えます。ソルト用のキャスティングリール・ベイトロッドともに購入していますが、結構使えています。

WM60
おすすめベイトショアジギングタックルロッド・リールを紹介!!どうもテルヤスです!ショアジギングを楽しんでいる大勢の方々がいらっしゃいますが、まだまだ少ないのがベイトショアジギングです。 ...

しかし、他のメーカーからは、ぼくがあんまり知らないだけだと思いますが、あんまり知らないんですよね。

そんな中、ベイトキャスティングロッドメーカーであるFishmanからのMHという硬さのリリースは期待していました。

ブリストMARINO106MHスペック
  • レングス:10.6ft
  • 自重:345g
  • 継数:3
  • ルアーウェイト:15-70g
  • ライン:PE2-6号
  • 価格:56,800円(税抜)

メーカー在庫初回生産分は完売とのこと。フィッシュマンロッドは受注期間中に受注本数に達すると、次回生産までは市場に出ている在庫になるという特徴があります。メーカーのWEBショップから購入できるのも面白いところです。

下記はブリストマリノ10.6MHのメーカーWEBショップページです。

http://fishman.cart.fc2.com/ca1/228/p-r-s/(外部リンク)

ただ、高額品になるとポイントが多く貯まる可能性が高いので、オンラインショップで探すのも有りです。

 

さすがに税込みで6万円を超えてくる竿なので・・・すが・・・。

ん~。この竿で青物なんか狙ったら面白いんでしょうねぇ・・・。

きっと、きっと面白いんでしょうねぇ・・・。

ちなみにスペックを見て気になった方もいらっしゃるかもしれません。ラインがPE2~6号というところに・・・。

さすがに6号を巻いて投げる方はそうそういないと思います。理由はショアからキャスティングするのに6号を巻ける200mぐらい巻けるリールというのも、なかなか思いつきません。

じゃなくて・・・。6号のPEでも大丈夫なのかよ!ですよね。

そして3ピースだけでも強度面ではどうなの?というところでしょうか。

これは、ベンダバール8.9Mという竿を使っていた頃にわかったのですが、実際にそこまでの号数は使っておらず3号でした。

ロッドの根元付近が妙に粘り、魚が暴れすぎないで寄ってくる不思議な感覚があったのです。言葉では説明になってませんが・・・。笑

どこまで粘るのか分かりませんが、まぁ強いロッドというのは分かりました。

なので、このマリノにも6号?と最初思いましたが、やっぱりロッドパワーと言うのはあるのかな?と妙に・・納得じゃありませんが、気になりました。そう・・・。そんなに強いのかよ?この竿・・・。

掛けたら・・・そういう興味が出てくるロッドなのが、ぼくにとってのFishmanロッドなんですよね。

テルヤス
テルヤス
所有感と投げる楽しさが魅力
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
ラインナップも年々充実しているし、そこが凄いところだね!

 

フィッシングショーでのイベント

ピンあてゲーム2019年、フィッシングショー大阪では、ブース内で実際にフィッシュマンロッドを使ってキャスティングを楽しめました。

写真左奥にある5つの的があります。ここにキャスティングをして見事当たるとランプが点灯し、賞品がもらえるという楽しみなイベントでした。

ちなみにぼくも参加しましたが、20人ぐらいは並んでいて、ベイトキャスティングを初めてするという方もいらっしゃいました。

しかし、そこはフィッシュマンスタッフ。投げ方のレクチャーもしてくれて、初めての人でもキャスティングできていたことはさすがでした。

Fishmanイベント品こちらがイベントでいただいた賞品です。ちなみに的の真ん中に当たってしまいました。爆

小学校の頃からバス釣りをしていて、キャスティングは大の大好きだったので、賞品もそうですが、真ん中に当たったのが一番うれしかったです。笑

ちなみに使わせてもらったのが振り出しロッド。
4.3LTSというモデルだったのですが、Lは硬さのライト。TSというのは振り出しロッドを意味するテレスコといったところでしょうか。

とんでもなく、短く感じ、ピンポイントに打ち込む楽しさは非常に分かりました!が、シチュエーションで言えば渓流ベイトフィネスロッドなのかな・・。という点が大きかったです。もともとは510も持っていた時期はあったのですが、あまりにも使う機会がないため手放した経緯がありました。

しかし、実際にフィッシュマンロッドを触ってしまうと欲しくなってしまうから・・やばいです。笑 遊ぶ楽しさを味わうなら最高ですね。

別に釣果どうのこうのというよりは、投げて遊ぶ。それだけでも面白いのがベイトの魅力だとぼくは思ってます。

ピン撃ちマスター最高に楽しい企画をありがとうございました!!

テルヤス
テルヤス
並んで良かったです^^
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
変なところに飛んで、観客にぶつからなくて良かったな。笑

さいごに

Fishmanというベイトロッド専門メーカー。魅力あふれる、そのメーカー。ちょっと宣伝させてください。笑

下記URLよりFishmanのHPへジャンプします。

釣りに行きたくなる景色、写真、投げたくなる釣り竿がたくさんあります。実に好きなメーカーの一つです。

https://www.fish-man.com/index.html

ではでは 良い釣りを!!