ショアジギング、青物ルアー

シマノ 18ディアルーナS96Mで青物を釣ってみた上での評価

どうもテルヤスです!シーバスロッドって本当に色々と使えるルアーロッドですよね?

テルヤス
テルヤス
硬めのシーバスロッドを使って、ライトショアジギングを楽しんでいる方も多いのでは?
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
テルヤスもそんな感じなのか?

2018年にシマノから発売されたシーバスロッド「ディアルーナ」の9.6ft Mクラスで青物を狙ってみたので、実際に使った結果を踏まえてお伝えしていきます!

今回紹介するタックルはシーバスロッド
シマノ 18年発売されたディアルーナS96Mです。

これからディアルーナを購入、またはシーバスロッドで青物も狙う方の参考になれば幸いです。

ディアルーナ

ディアルーナはシマノのシーバスロッドとして人気のモデルで、モデルチェンジも行われており今年2018年にモデルチェンジされています。

スピニング・ベイトともに機種が揃っていて、スピニングのみで投稿時の段階で15種類もあります。

定価も3万円前後になっており、値引きも含めると2万円前後で手に入る機種となっています。

ディアルーナ
  • 実売価2万円前後
  • 機種が多く選びやすい
  • シーバスロッドとして人気モデル
テルヤス
テルヤス
機種が多いのも魅力だけど、どれを選んでいいか迷いますよね。今回は96Mですよ~!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
そんなに良いのか?96Mって

今作の注目点

今回のディアルーナは前作と比べて劇的に軽量化を果たしたことが注目できます。

しかし、前作を持っていない人からすれば今ひとつ分からないですね。

前作比、最大で約14%(23g)も軽量化!

こういわれると、大丈夫か!?と思うぐらい軽くなっています。

実際に持った感じは本気で軽いです。

テルヤス
テルヤス
さすがに10%以上の軽量化と聞くと、大丈夫か!?って思ってしまう。笑
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
その点の強度的なものが心配なのかな?

ディアルーナS96Mを購入!

ディアルーナS96Mそんな中からディアルーナS96Mを購入しました。長さと硬さ、色々と種類がある中でこの1本を選んだ理由は・・・

ディアルーナS96Mにした理由
  • 青物を狙いたいので、ある程度ルアーウェイトが投げられるスペックが必要
  • 長さはテトラ帯で釣りをすることが多いので9.6ft以上が欲しい
  • 軽さは・・軽ければ嬉しい

この3点が購入する前の条件で、それらを全て満たしていたのがこの96Mでした。

ルアーウェイト 8~45g

竿の全長 9.6ft(2.9m)

自重 141g

長さは10ft台でも構わなかったのですが、S100Mの自重155gと比べて14gも軽量なのも気になる点でした。

実際に使っていく上では気にならない可能性はありますし、長さが長い分はためが効いたり遠投できたりとメリットも増えてきます。

短い分のメリットとしては

  • 竿の取り扱いがし易い
  • 軽い

この2点が主なメリットでしょう。

硬さがMを選んだ理由

硬さをミディアムにした理由は、適合ルアーウェイトがMLだと32gまで、Mだと45gまでと幅が広い事が最大の理由です。

適合ルアーウェイト(g)

  • ML 6~32
  • M 8~45g

ディアルーナ96Mロッドのケースに記載されている文言ですが、40g超のメタルジグなどに適応。とあります。

軽めのメタルジグも使えるスペック

もともとライトショアジギングで小型青物も狙うことを目的にしていました。なので、同じようにMかMLで悩んでいる方はメタルジグも考えているのでしたらMがおすすめです。

実際に使った感じ

小型のメタルジグ実際のところ35gのメタルジグを使用しました。

キャストにおいては竿が負けている印象はなく、振り抜きもし易く快適に投げれます。35gを使用していた時は、ティップ(竿の穂先)が結構な抵抗を受けていて、胴のアタリでジグを動かすような感じです。

本来のショアジギングロッドではありませんが、小型のメタルジグの使用もまずまず使えます。

他にはトップウォータープラグ・ヘビーウェイトミノーなども使いました。いずれも竿が軽量なこともあって、疲れにくく使いやすいです。

ヘビーウェイトミノーについてはティップが結構入ります。早巻を中心にした青物狙いの場合だと穂先が曲がる分、抵抗が大きく感じるでしょう。ちょっとしんどく感じます。

トップから2節ぐらいカットした硬さぐらいだと丁度いいかな。。と感じました。ただ、それだけ硬いとティップ部分の食い込みは悪くなるのでシーバスロッドとしてはバイトを弾いて使いにくくなりますので論外ですよね。

ディアルーナS96Mで掛かった魚

サゴシ2匹こちらはサゴシです。

サゴシとディアルーナサイズは55cmぐらいなのですが、このサイズだとS96Mだと余裕で上がってきます。

ほぼ魚に主導権が譲ることなく、竿のパワーだけで寄ってきました。

青物釣果こちらはブリの幼魚、関西でいうところのツバス(ハマチ)です。サイズは大きいので43cmほどでしたが、かなりパワフルでした。

この日はディアルーナで、初の青物が掛かった時でした。

↓その時の記事はこちらから↓

釣れちゃった!青物ルアー釣行!

正直なところ竿が軽いので、どこまで曲げて良いものか・・・。そして、軽いので高弾性であるだろうから曲げて折れないだろうか?ってところが実際に心配でした。

とりあえず最初の1匹目は慎重にドラグを使いながらやり取りしました。しかし、慎重にやり取りするがあまりテトラ帯で横に走られたりして最悪でした。笑

2匹目になるとちょっと余裕が出て、強引にやり取りをしてみました。するとビックリするぐらいにバットパワーが強くて魚が浮いてきやすいです。

サイズ的にはそこまで大きいと言えませんので、魚が浮いてきて当たり前かもしれませんが底力がある竿だということは分かりました。

チヌチヌ

青物を狙っていて40cmちょっとのチヌが釣れました。こちらも竿の力が十分あるので、すぐに浮いてきました。

太刀魚太刀魚

大きくないのもあって、余裕であがってきます。笑

サバの釣果サバ

サイズが大きくないのもあって、軽々と上がってきました・・・。

とりあえず本来のジャンルであるシーバスは今のところヒットさせていません。爆

ただ小型の青物や近海で釣れるターゲットは、ほぼこの1本で今のところ十分です。爆

テルヤス
テルヤス
小型の青物もサゴシも釣れているんですから、ライトタックルで狙う魚としては十分満足です♪
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
珍しく魚釣れているのは、竿が良いからじゃないの?爆

ディアルーナのグリップデザイン

グリップ部のデザイン個人的にこのグリップにディアルーナと記載がありましたが、何もなくて良いのにな~!!

と思ってましたが、使っていくうちに見るとニヤニヤしています。爆
結構気に入ってしまいました。笑

テルヤス
テルヤス
最初は何も思っていなくても、使っているうちに物への愛着って出てくるもんなんですよね。

ディアルーナの付属品

保証書とロッドベルトディアルーナは保証書とロッドベルトが付属されています。

ロッドベルトは購入してから、毎回買っている人にとっては嬉しい付属品ですね!

保証書の免責金額は本体価格4,000円です。

テルヤス
テルヤス
4,000円だと気軽に折れても免責修理しやすいですね。って折りたくないですけど。爆

ディアルーナS96Mのメリット・デメリット

ディアルーナとサゴシディアルーナS96Mを購入してから思っているメリット・デメリットを挙げてみます。

ディアルーナS96Mのメリット

  • 大手メーカーなので、流通量が安定していてネットでも実店舗でも入手しやすい
  • 手ごろな価格でスペックは非常に良い
  • 保証書の免責金額も手ごろで嬉しい
  • 96の長さなので、ロングロッドが苦手な人でも取り回しし易い
  • 小型メタルジグも投げやすいので、ライトショアジギングでも使える

ディアルーナS96Mのデメリット

  • 人気があるモデルで96Mは王道のセレクトなので、絶対に人とかぶる!
  • 数年後のモデルチェンジは可能性として大
  • 釣りシーズンは売り切れる可能性も有り
  • 使いやすいので、ショアジギングタックルを使うことが減ってしまう可能性がある・・・。
  • 小型の魚だとやや物足りなく感じるパワーを持っている

主に考えられたメリット・デメリットです。

ディアルーナS96M 評価まとめ

コスパ
使いやすさ
デザイン
実用度
総合満足度

ぼく個人としては総合的に非常に良い評価です!!

ただ、デザインはもっとシンプルで良いのに。と思うことから星3つです。
コスパは大手メーカーだけあって、よくできています。

使いやすさも非常に良いです。価格も非常に高すぎる事が無いので、扱いもそれほど神経質にならずに済むため実用度も高いです。

テルヤス
テルヤス
さすがに高い竿だと地面に置いたりするのも・・ちょっと考えてしまうことも。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
そんなこと言いながら、去年はテトラから磯竿を落としてボロボロにしているよな!?爆
テルヤス
テルヤス
うっ・・・。すみません。

ディアルーナS96Mは買いか!?

総合的には買って良かったと言えますし、シーバスロッドで色々と使いたい人にはこの1本は活躍を見せてくれることに違いありません。

軽めのルアーからメタルジグまで投げれますので、この1本は主軸となりえるでしょう。

なので、この1本を買ってしまうとすでに何かを持っていた方はディアルーナの使用頻度が高くなる傾向にあるので、ロッドの整理もいるかもしれません。

それぐらい使い勝手が良いポジションになっています。

テルヤス
テルヤス
だいぶ十分満足なスペックでした。笑
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
ディアルーナで十分と・・・?

さいごに

ディアルーナとツバス今回は18ディアルーナS96Mについて紹介してきました。

これからライトショアジギングを始めようとする方、海のルアーゲームでとりあえず色々釣ってみたいと思っている方には選択肢として考えてみて欲しい1本です。

テルヤス
テルヤス
色んな魚が狙えて楽しいですよ♪
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
う~ん!テルヤス、今回は色んな魚をゲットしているよな!テルヤスでも釣らせてくれる良い竿ってことは間違いないな!爆

ではでは、参考までに!良い釣りを!!

シマノ(SHIMANO)
¥23,810
(2019/12/11 23:39:38時点 Amazon調べ-詳細)

軽くて良いんです。

参考までにリールはストラディックSW 4000XGと併せています。実際のところはディアルーナは軽量化されているのでSWモデルではないもう少し軽量なリールのほうが合うかもしれません。

テルヤス
テルヤス
色で合わせるならエクスセンスシリーズですね。

 

▼ストラディックSW4000XGはこちらの記事も参考にどうぞ!

ストラディックSW
ストラディックSW!シーバス・ライトショアジギングに導入!どうも!ルアー釣りに今日も行きたいテルヤスです。 今回は最近使用しているストラディックSWを紹介します! ライトショアジギング・...