季節の釣り種

1月 淡路島の釣り物

12月中は晩秋の釣りが続いていることも多い淡路島。しかし、さすがに1月となると冬の釣り物が中心となってきます。季節風が強い日も多く、なかなか凪いでいる釣り日和も少なくなってきます。

それでも、1月はガシラやメバルなどの根魚シーズン!ぜひ釣行してみましょう!

テルヤス
テルヤス
気温も低い日が多いので、あたたかい格好で釣りをしましょう!

今回の記事は淡路島の1月、例年の釣り物を紹介していきます。

1月に狙いたい魚種

メバル低水温になっても釣り人を楽しませてくれる魚の一つがメバルです。釣り方もルアー・エサ釣りともに盛んで釣り人の趣に合わせて狙えるのが最高です。

産卵期が冬場で12月~1月はお腹に子供がいる個体も多いです。

マコガレイカレイも港内を中心に釣れます。中旬以降はエサ盗りもカレイの活性もグンと落ちる事が多いです。エサは11月、12月並に持って行くと余ることがあるので、エサが余った場合は塩漬けできるものは塩マムシなど加工するのも有りです。

テルヤス
テルヤス
塩マムシはエサ盗りの猛攻にも強いエサで、カレイの特効薬でもあるんですよね。手造りする場合、マルキューの塩エビ粉を使うのもおすすめです。塩の引き締めに加えて、エビの匂いが強烈に魚を寄せている気がします。笑
マルキュー(MARUKYU)
¥389
(2019/09/21 04:42:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

ガシラガシラは1月前半は数がめちゃくちゃ釣れる時もあります。小型サイズ、必要分以上はリリースしてあげて今後の成長に期待しましょう!

防波堤からの期待できる魚種

ガシラ 日中にも釣れますが、夜間のルアー釣りで数が狙えます。小春日和の日中に穴釣りを楽しむのも有りです。
カレイ 中旬ぐらいまでは狙いたいですが、水温が低下してくると食いが渋くなってくるでしょう。同時に産卵後で体力が落ちているのも影響していると考えています。
アジ 意外に釣れる年もあり、釣果情報次第では積極的に狙いたい魚の一つです。
メバル ルアーゲーム、エサ釣りともに面白い時期です。夜釣りが中心になるので、寒さ対策は万全に!

 

テルヤス
テルヤス
意外とシーバスも釣れるんですよね。朝まずめ中心の釣行でオイシイ思いをしたことも。また、サヨリが西浦に大量に入っていた時に爆釣したのもたしか1月か2月でした。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
テルヤスの好きなアオリイカは淡路島近辺ではオフシーズン。狙うのなら淡路島ではなく、和歌山県、徳島県南部など黒潮の影響で水温が高いエリアへの釣行がおすすめだね!

安定して釣れそうな魚種は・・・

カレイ
メバル
ガシラ

海上釣堀で青物を狙っても、なかなか釣れない時期です。自然界でも淡路島近辺はいよいよ釣れにくくなります。

テルヤス
テルヤス
早く水温が上がり始めて色々な魚を狙いたいですね!

淡路島1月の釣りまとめ

12月に比べても水温が低く、釣れる魚種がぐんと減ります。その分、この時期に釣れるターゲットは貴重な存在で、狙ってみると結構釣れることもあります。

寒い冬ですから、それを耐えて釣り上げた時のうれしさは・・たまりません。笑

1月のまとめ
  • メバルは安定して釣れるものの、産卵がらみで食いが落ちることも
  • ガシラは前半爆釣することが多く、釣りすぎ注意!
  • カレイは港内投げが面白いシーズン、水温低下の食い渋りも
テルヤス
テルヤス
1年の中でも釣りがつらくなるシーズン。この寒い時期の釣りがあるから、あたたかい時期の釣りがより楽しみになるんですよね♪

ぜひ良い釣りを!