ブラックバス釣り

春のバス釣りで、実績のあるノーシンカーリグを紹介!!

ブラックバスの顔春という季節はブラックバス釣りにとって、一番面白いと言える季節かもしれません。
では、どうして春なんだ?と思われた方も多いかと思います。

春はブラックバスにとって産卵期に当たり、スポーニングシーズンと呼ばれたりします。

このスポーニングの時期は普段は沖の深場にいる大型の個体もエサを求めて浅場に上がってきたり、産卵場に入ったりと普段では釣ることのできない大型魚とも出会いやすいと言えるのです

そんなスポーニングシーズンですが、産卵前に荒食いをするプリスポーン、産卵期のミッドスポーン、産卵後のアフタースポーンがあります。

ほぼ3月~5月頃までがスポーニングシーズンとなっていますが、今回はスポーニングシーズンに釣果が出ている釣り方を紹介します。

テルヤス
テルヤス
ぼくは結構単純なので、簡単なルアーセッティングをいつも行っています。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
簡単?シンプルで良いんじゃないの?笑

スポーニングシーズンは釣りやすい?

ビッグバススポーニングシーズンは大型の個体が浅場へやってくることも多いので、比較的釣りやすいと言えます。
釣りやすい理由は春と言う季節柄というのもあって、夏にかけると野池などでは藻や水生植物が多くなり、釣り場所自体が減少することもあります。

藻やハスが少ない春先から春にかけては、絶好の釣りシーズンだとも言えるのです。

スポーニングシーズンに効く釣り方

フックスポーニングシーズンで、これまで釣っている方法で簡単なリグがあります。
それは、ノーシンカーリグです。

ノーシンカーリグと言えば、名前の通りでオモリが付いていない針とワームだけのリグです。
このノーシンカーリグの中でも、スイムベイトとかスイミングワームとか言われるテールのついたシャッドテール系が特に強いです。

テルヤス
テルヤス
シャッドテール系は春の時期によく釣れます!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
なるほど。そんなに釣れるんか?

ノーシンカーリグが効く理由は?

ノーシンカーリグと言っても、ストレート系の細身のワームや小型のワームではなく、5インチ、6インチと言った大型のワームが特に有効だと思っています
この理由は浅場に大型が寄ってきていることから、大型には大型のワーム。そして、浅場であるからゆえにスローにも誘えるリグが効きます。

池(池のイメージ写真)

また、ブッシュやカバーなどのストラクチャー周りを攻めるには、同じくボリュームがあるミノーやプラグよりも、オフセットフックにセットしたワームが攻め込みやすいこともあります。

これらの理由から、ボリュームがあって比重のあるワームは浅場の大型バスに効きます。

テルヤス
テルヤス
ここぞという時に、大きめのワームをチョイスすると、大型も釣れやすいと思っています。

 

シャッド系ワーム

シャッド系ワームはサワムラのワンナップシャッドが超ド定番として、ぼくは使っていました。
が、今ではルアーメーカー各社から様々なシャッド系ワームが出ています。

人気のある所ではゲーリーヤマモトのハートテール。OSPのドライブシャッドなどがあります。

ピンテール系ワーム

オーエスピー(O.S.P)
¥858
(2020/09/23 13:37:02時点 Amazon調べ-詳細)

テールがストレートなワームという選択肢もあります。
リトリーブ中心で攻める場合はシャッド系ワームも良く、特に浅場のシャローエリアをテンポよく攻める場合はシャッド系ワームが特に威力を発揮します。
しかし、シャッド系ワームでも釣れない時も多いです。そんな時はテールがストレートなピンテール系を使うことも有ります。

こちらのワームもノーシンカーリグが強いです。

その中でもOSPのドライブスティックはスポーニングシーズンにも強いです。

使い方はストラクチャー付近にキャストして、そのままフォーリングです。

この時に注意深くラインを見ておいてください。ラインが急に走ったりすると魚が食って動いている可能性が高いです。
OSPのドライブスティックはフォーリング時にボディを震わせて、ゆっくりと平行に沈んでいきます。

この動きが弱ったベイトに見えるのか、めちゃくちゃ食ってきます。

また、誘いもトゥィッチを数回入れて、その後にフォール。

基本動作としては、フォールで食うことを意識して、トゥィッチ+フォールです。

その他の狙い方

春先などはサスペンドシャッドなどが効く時があります。これはなぜかは分かりませんが、とりあえず食ってくることがあり、真冬から早春にかけて良い思いをしたことがあります。
またクランクベイトなどの巻物でテンポよく釣る時も、春先はテンポよく魚をゲットする可能性があります。

さいごに

バス今回は春に効くバスの釣り方で実践していることを紹介しました。しかし、結構春ではなくてもこの釣り方は効きます。

ボディの大きなワームを使うメリットとしては、ベイトタックルで投げられる重量感というのも強いです。

食わないと、ついフィネスにしがちですが、フィネスにするとラインが細くなり、思い切ってストラクチャーを攻められないこともあります。
そのことから、大型魚が良そうな場所へアプローチする場面でベイトタックル+シャッドテールやドライブスティックなどのノーシンカーで攻める方法を試してみて下さい。

思わぬ大物に出会えるチャンスがあるのがスポーニングシーズン。

ぼくも過去最大の50アップは4月に釣っています。その時の個体としてはアフタースポーンの個体で、シャローエリアにサスペンドしていた個体でした。

いずれにしてもシャローは、春の釣りのキーポイントです。

良い魚が釣れる事をお祈りしています!

ではでは 良い釣りを!