ロッド・リール

18ソアレBBと20月下美人Xのスピニングリールを比較!

どうもテルヤスです。今回はライトゲーム入門スピニングリールの定番機を比較します。
18ソアレBBと20月下美人Xというモデルです。

ちなみに20月下美人Xは、それまでMXというモデルが月下美人の入門機と言う感じでした。しかし、その価格を下回るバリュープライスでのリリースが月下美人Xです。

大人の所有感をくすぐる月下美人の最新モデル。発売からソアレBBを意識していると思われますが、どうなんでしょうかねぇ。

テルヤス
テルヤス
月下美人MXはずいぶん、気に入ったモデルです。ソアレBBも結構使っていて、使える!モデルなのですが・・・。Xはどうなんでしょう?
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
そりゃぁ、良いに決まってるんじゃないの?笑

18ソアレBBと20月下美人Xの比較

18ソアレと月下美人ぱっと久しぶりに持ち比べて見たら、月下美人は・・おもたい!と感じましたが、色味が黒だから重く感じたみたいでした。爆

月下美人Xは巻き感度にこだわったライトソルト専用仕様だそうです。ライトソルト仕様というだけあって・・・。というか、結構今回の月下美人Xは大胆な感じでした。

ソアレBBはハイエンドモデルの高級感と機能を継承したモデルとされていますが・・・。

高級感が出ているかどうかは、ちょっと人によるのかもしれません!最初奇抜な色だなぁ。とか思いましたが、案外手に取ってみるとカッコいいもんです。笑

テルヤス
テルヤス
改めて見比べてみると、どっちもどっちでカッコいい。笑

 

スペック比較

今回比較する機種はおそらく、両機種ともの一番人気にあたるであろうパワーギアモデルです。

18ソアレBB C2000SSPG 20月下美人X 2000S-P
ギア比 4.3 4.8
糸巻き量 LBーm ナイロン3-100 ナイロン3-150
最大ドラグ力(kg)
自重(g) 200 200
ベアリング/ローラー 5/1 5/1
ハンドル1回転当たり最大巻き上げ量(cm) 57 63
ハンドル長さ(mm) 40 45
本体価格(円) 16,800 14,200

(2020年10月9日時点)

後発組ですが、見た目と単純にスペックだけを比較するだけでは・・・

月下美人Xのほうが良いものに見えます。そして、月下美人Xは、マグシールドも搭載していることを考えると長持ちにも期待できそうです。

ソアレBBに関しては、2018年の発売です。なので、もしかすると早ければ3年周期とかで来年にモデルチェンジする可能性も無しではないと思います。

単純にシマノ派は、ソアレBBというところかもしれません。しかし、同価格帯で言えば月下美人Xは完全にソアレBBツブシ?という感じに思えました。笑

テルヤス
テルヤス
ベアリングの数も単純に同じと考えれば、月下美人が魅力的です。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
なるほど。答えは出たな!

 

アジングなどで使った比較

月下美人とアジ月下美人X

ソアレとアジソアレBB

両方ともにアジングでの使用機会が多いです。

使用感としては、正直なところソアレBBのほうが若干巻き心地が滑らかな感じがあります。

月下美人Xも、それなりに滑らかです。ですが、やはりソアレBB、月下美人ともに巻き感度などは上位機種に比べても落ちます。

月下美人Xについては、パーツカタログが更新されていないのではっきりとしたことは分かりません。月下美人MXと比較するとボールベアリングが2個少ない様子でした。

月下美人Xスプールこちらは月下美人Xのスプールを外した状態です。

シャフトのベアリングこちらが月下美人MXのシャフト部です。MXはこちらに2個のボールベアリングが入っています。

なので、若干MXと比べても月下美人Xはドラグの出始めが重たい気がします。

かといって、ソアレBBにもボールベアリングが入っていないのですが最大ドラグ力が月下美人のほうが高い事も影響している気がします。

 

高級感はソアレBB?

リールのネジ比較細かい点で言えばリールのボディを止めているネジはソアレBBはイタズラ防止のネジです。月下美人Xで言えば、リールハンドルノブは、なぜか六角レンチになっています。。が、それ以外はプラスドライバーで外せる形が多いです。

ボディ左側が月下美人Xで右側がソアレBBです。

ちょっとした点ですが、それだけでソアレBBが結構比べて見たら高級感が出ている気がしました。笑

ボールベアリングの追加は?

月下美人Xですが、やはり調べているとMX同様でラインローラー部分にボールベアリングが入っていない様子です。

ハンドルノブに2か所とラインローラー部に1か所を追加して3個追加できるようです。

ヘッジホッグスタジオを参照しました。
https://www.hedgehog-studio.com/product/14468(外部リンク)

この点を考えると、やはり性能的にというか・・・。あとからボールベアリングの追加したい個所があるのは月下美人Xです。

というのも、シマノのソアレBBは最初からラインローラー部分にはボールベアリングが入っているからです。

ソアレBBはラインローラー部にボールベアリング有り、月下美人Xにはボールベアリング無し

そう考えた時に、トラブルが少なそうという点で言えばソアレBBのほうが安心な気はします。実際にラインローラー部にボールベアリングを追加しない状態で使ってますが、そこまで目立ってライントラブルが多発しているわけではないです。

より、快適に!と考えた場合は・・・やはり交換をした方が良いと思います。

ソアレBBのハンドルノブ部分のベアリング追加は、下記の記事を参照してみてください。

ソアレBB
18ソアレBB C2000SSPGのベアリング追加とノブ交換どうもテルヤスです。今回は18ソアレBBのハンドルノブ交換とベアリング交換についてお届けします。 使うリールは18ソアレBB C2...

 

ベール部分

ベール

すっかり見落としたり、忘れていました。上部が月下美人Xで、下部がソアレBBです。

ソアレBBは、ワンピースベールを採用しています。月下美人Xに関しては継ぎ目のあるモデルです。技術的に価格も高くなるので、採用しにくい?ところかもしれません。

継ぎ目部分でラインが乗ったり、引っ掛かったりというのは・・そう頻繁にあることでは無いのですが、より快適な釣りをと考えた場合はソアレBBのほうが仕様としては・・やはり良いのかもしれません。

さいごに

ソアレBBと月下美人X使用感としては、そんなに変わらないというのが本音です。若干ですが、ソアレBBのほうが巻いてる感じで言うと・・・抜けるような軽さがあります。そしてソアレBBのほうが、ドラグの出だしも軽く微調整も効く感じがします。あと、ラインローラー部分もベアリングが最初から入っています!

そんなことを考えると・・・。ソアレBBのほうが実用性では上だと思います。

しかし、あとからボールベアリングを追加することも別にいいよ!っという場合にはシックなデザインの月下美人Xも魅力です。

ちなみに両方のリールともにねじ込み式ハンドルです。

そんなに差はないと思いますので、デザインが気に入ったほうで選んでも良いのかなと思います。デザイン以外には、やはりラインローラー部分にベアリングが・・という方にはソアレBBがおすすめです。購入後に交換するのなら、どっちでもOKです。追加購入の場合は価格差も縮まりますので、コスパ的にも同じような感じなのかなぁと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

いよいよ月下美人の価格も手ごろになってきたなぁ。という印象を受けた1台でした。

シマノ(SHIMANO)
¥11,345
(2020/10/23 21:35:58時点 Amazon調べ-詳細)

物は良いと思いますが、金ぴかなのでデザインの好みは分かれるかもしれません。

ではでは