ロッド・リール

ダイワ19レグザLTとシマノ19スフェロスSWを比較!違いは??

どうもテルヤスです。2019年に発売されたダイワのレグザLTとスフェロスSWの比較記事をお届けします。

両方ともに購入したのは、しているのですが・・・。どちらかだけ!となると、レグザLTがオススメです!理由は、カッコいいのと巻き心地が・・良いように感じているからです。

ただ、ショアジギングやジギングなどラフに使う分においてはスフェロスSWも・・。ハンドルノブを交換してから、めちゃくちゃ良い感じになりました。

テルヤス
テルヤス
14スフェロスSWという大型リールがリリースされていますが、19スフェロスSWは小型版です。ただ、14スフェロスSWのほうが個人的には良いように思います。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
なるほど。っていうか14スフェロスって発売から経過年数も凄いね。

19レグザと19スフェロスSWを比較!

19スフェロスと19レグザ

左手にあるゴールドのスプールがスフェロスSWです。右手にある2台がレグザLTです。
19スフェロスはSW4000XG、レグザLTは6000D-Hと3000CXHです。

モデルとしては両方ともにショアジギングやジギングなど強度をともなう釣りに向いています。中でもレグザは汎用機としても優秀で糸巻き量が多い事から、飲ませ(泳がせ)釣りなど多方面でも活躍できそうです。

番手で言うと、スフェロスも4000番までなのですが14スフェロスSWも含めるとナイロンを使った飲ませ釣りなどにも活躍できています。

いずれも使い勝手の良い価格を抑えて、よくできたリールと言えそうです。

テルヤス
テルヤス
ショアジギングエントリークラスとして、両リールともおすすめです。

 

スペックでの比較

19レグザLT4000D-CXH 19スフェロスSW4000XG
自重(g) 275 280
最大ドラグ力(kg) 12
PE糸巻き量 号-m 2-300 2-240
ベアリング/ローラー 5/1 3/1
定価(円) 21,000 15,800
発売年 2019年 2019年

(2020年4月時点の価格)

同じクラスの番手を比較表に用いました。ともに4000番ですが、結構違うのが分かりますね。値段もやはり・・・レグザがおすすめというだけあって、やっぱり思い出すと高かったんですね。笑 スフェロスSWよりも5,000円ぐらい高いです。

また、ボールベアリングも2個も多く巻き心地に影響している部分だと思います。

そして、糸巻き量もレグザLTは同番手ではスフェロスSWよりも多いのがポイントです。

さらに、ドラグ力もスフェロスSWに比べて6kgも強いという強烈なものになっています。

このボールベアリング数の違いとドラグ力の強さを考えると、強度や釣りの快適さを考えた上ではレグザがオススメなのかな。と思うところです。

レグザLtは、スフェロスSWに比べて同じクラスでドラグ力が強い

レグザLTは、ラインキャパも幅広いのが魅力。ちなみに4000番ではシャロースプールもリリースされています。

テルヤス
テルヤス
値段のことを考えると相応かもしれませんが、ちょっと頑張ってレグザLTという選択肢もありでしょう!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
なるほど。値段が高いだけのことはあるってことか!

発売年時期から見て、シマノはレグザを意識??

14スフェロスSWというシマノの大型スピニングリールがリリースされていましたが、19スフェロスSWでは3000番、4000番という中型機になっています。

これは、2019年の冬にレグザLTがリリースされたことを意識してのリリースだったのかな?とも思っています。

ただ、レグザLTと比べてもやはり見劣りする部分もあるためユーザー層としては、価格を抑えて、もろに対抗しているのでもない感じです。

14スフェロスSWと19スフェロスSWの違い

スフェロスとレグザ

実は、14スフェロスSWはラインローラーにボールベアリングが最初から入っています。しかし、19スフェロスSWには最初からボールベアリングが入っていません。

見た目の違いとかは、まぁまぁ・・・のちのち14スフェロスSWがモデルチェンジした時に19スフェロスSWっぽくなったら良いのだと思います・・・。

しかし、ラインローラー部のベアリングをどうして無くしたのかがよく分かりません。。。

シマノ19スフェロスSW4000XGパーツ価格表を参照
https://www.shimanofishingservice.jp/parts_price.php?scode=04135(外部リンク)

シマノ14スフェロスSW6000PGパーツ価格表を参照
https://www.shimanofishingservice.jp/parts_price.php?scode=03277(外部リンク)

14スフェロスSWでいうとパーツ№21がボールベアリングになっています。本体価格が19スフェロスSWに比べて1,000円ぐらい高いので、ベアリングの有無の差だけで済ませたらそれでおしまいなのかもしれませんが・・・。

入れておいて欲しかったな~。と思います。

14スフェロスSWはラインローラー部にベアリングが入っている

19スフェロスSWにはラインローラー部にベアリングが入っていない

19スフェロスSWのラインローラー部ですが、購入後ボールベアリング化しています。宜しければ記事を参考にしてみてください。

19スフェロスSW4000XGにベアリング追加+ハンドルノブ交換でカスタム

テルヤス
テルヤス
本体価格が1,000円ぐらい上がっても欲しかったですねぇ。。

ストッパーの有る無し

レグザストッパー

あまり使うことが無い部分かもしれませんが、レグザLTには逆転ストッパーが付いています。一方のスフェロスSWには付属していません。

ボディ

上記の画像は左がエクスセンスBB、右側がスフェロスSW4000XGです。

防水性の観点からか、シマノのモデルはストッパーの切り替え機構が無いものが多いです。ダイワのレグザは、エサ釣りなどもする時にストッパーをフリーにすることもあります。そんな時には結構便利だなぁ。とか思います。

レグザのストッパー

画像はレグザLT6000D-Hです。

テルヤス
テルヤス
無かった方が丈夫で、防水性能も良さそうです。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
なるほど。たしかに、あまり使うこともないかもね。

両方ともねじ込み式ハンドルを採用

レグザLT、スフェロスSWともにねじ込み式のハンドルを採用しております。
ハンドルの回転ブレなどが両方のリールともに少ないので、釣りに集中できます。

スプールの値段は、ずいぶん違う

19レグザLT6000D-H 14スフェロスSW6000PG 19スフェロスSW4000XG
本体価格(円) 8,200 4,100 4,100

替えスプールなどを購入して、釣りの使い分けなどをする場合はダントツにスフェロスSWがスプール価格が手ごろで良いです!

なので、単純にレグザは品質的にはスフェロスよりも良いかな?と思うことが多いのですが、替えスプールなどのことも考えるとコスパは高まります!

テルヤス
テルヤス
替えスプールをがあると便利ですよね。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
たしかに、釣りの途中でトラブルになった時も安心だね。

使用感

スフェロスSWでシーバススフェロスSWですが、まぁ。。なかなか価格相応かな?と思います。シーバスで使っていたのですが、ハンドルノブもそのままで釣りをしても良いと思います。

スフェロスSWカスタム

ハンドルノブを交換することによって、ショアジギングやジギングでも巻き上げ感の向上が期待できます!

青物プラッギングレグザLTですが、番手によってはラウンドタイプが最初からあるモデルもあります。このままでも十分使えそうなのですが、ボールベアリングの追加もできるので、ベアリング化もおすすめです。

ベアリング化完了
ダイワ19レグザLT6000D-Hにベアリング追加でカスタム!どうもテルヤスです。今回は19レグザLT6000D-Hにベアリングを3ヶ追加しました。 この19レグザLT6000D-Hですが、な...

ダイワレグザ所有しているレグザは2台ともショアジギング・プラッギングでの青物釣りに使っています。6000番に関しては、まぁ、サイズ感も大きいので相応に使えるなぁ。という印象です。

3000CXHについては、ライトショアジギングをする上では巻き心地もなかなか良くて気に入っています。リール本体の剛性感もあり、小型番手でも力強いなぁ。というのが印象です。適度に重みもあるので、ライトショアジギング時には良い感じに使えています。

テルヤス
テルヤス
両方ともに青物釣りに使っていますが、しっかりとした感じがあります!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
どのぐらい耐久性があるのか、今後楽しみだね。

さいごに

今回はダイワ・シマノのSW用リールのスフェロスSW、レグザLTの比較記事をお届けしました。使用感的にはレグザLTのほうが気に入っています。

ただ、替えスプールも含めてコスト的に抑えられる点で言えばスフェロスSWもコスパが高いと思います!

また、14スフェロスSWはラインローラー部にベアリングが入っていますが、19スフェロスSW、19レグザLTには入っていません。14スフェロスSWはともかく、19スフェロス、レグザLTに関してはボールベアリング化も検討されてはいかがでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。

替えスプールも含めて購入を検討されている場合は、コスパも高まってきますね!

14モデルと発売から数年経過していますが、コスパは19よりも高く感じています!デザインも19よりもこちらの方が好きです。

ダイワ 19レグザ LT3000S-CXH

小型番手ですが、結構しっかりとした感じがあります。
デザインも気に入ってます!

ダイワ(DAIWA)
¥15,340
(2020/09/29 02:17:17時点 Amazon調べ-詳細)

最初からEVAラウンドノブがついているお得感のあるモデルです。

それではまた!