ロッド・リール

シマノのフリーゲームを評価 S86ML-4をインプレ!

まいどテルヤスです。

フリーという言葉は、なんとも解放感があって良いものです。
今回はシマノのフリーゲームというロッドについて紹介しますね。

今までにない新しい風が吹いているような。そんな感じのロッドです。
ちなみにフリーゲームは振り出し竿です。

ルアー用の振り出しロッドというジャンルが、今までほとんどありませんでした。シマノではボーダレスがありましたが・・・価格が数万円、ボーダレスBBも1万円以上するので、価格を抑えている良いアイテムになっています。

持ち運びに仕舞寸法が短い竿が良いという方には、願ってもないロッドではないでしょうか?

テルヤス
テルヤス
はっきり言って、振り出しロッドのイメージを良い意味で裏切ります。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
そんなに期待できるのか!?フリーゲーム!?

今回インプレするのはS86ML-4です。

フリーゲームとは?

フリーゲームとは、釣り具大手メーカーのシマノから2018年に発売された振り出しロッドです。

釣りをしたい! いつでも沸き上がるアングラーの熱い思いを叶える、新たな振出竿「フリーゲーム」登場! これまでの普及価格帯振出竿にありがちなダルさや、不自然な曲がりを克服。シマノ振出竿の技術を応用することで、2ピースロッドと遜色ないスムーズで美しい曲がりを実現。 6′0″~9′6″の豊富なレングスを誇る9アイテムを用意。バスやトラウトなどの淡水ルアーゲームから、アジ、メバル、シーバス、タチウオ、アオリイカといったソルトショアゲーム、ちょい投げやサビキ釣り、船の小物釣りまで幅広く対応。 仕舞寸法は58.5~82.2cmと軽快! 自由な発想で、どんなところにでも連れ出していただきたいアイテムです。

シマノ フリーゲームHPより引用
http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5387(外部リンク)

メーカーHPを読んでみれば、良い事ばっかり書いてあるじゃないですか?はっきり言って、振出竿で良ければ、世の中の多くのルアーロッドはどうして継竿なのか?

その答えでもあるのが、引用文にもあるダルさ・不自然な曲がりという2点が大きな理由でしょう。

しかし、その2点を克服できたとしたら、どうでしょう?

別に持ち運びに苦労するような長い並継竿なんていりません。荷物もコンパクトにできるし、理想的なロッドと言えるでしょう。

テルヤス
テルヤス
しかし、フリーゲームという名前が良いよね!自由な感じがして、釣りって最高だー!みたいな?
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
ジャンル問わず、色々とチャレンジできそうな雰囲気だね!

フリーゲームの規格

フリーゲームの対象魚フリーゲームは2019年6月の時点で9種類リリースされています。
規格で見るとS60UL-3~硬くて長いものではS96M-4となっています。

規格の見方ですが、S60UL-3なら、最初のSはスピニング、続いて長さ6ft、次に-3とあるのは、マイナス3ではなくて、継数の3本になっているようです。

規格から見ると、ロックフィッシュやトラウトからメバリング、アジング・・・
エギングにシーバス、・・・ライトショアジギングもできそうなS96Mはキャストウェイトが48gとなっています。

スペックが豊富

柔らかい竿では1gの軽量ルアー
最長ロッドのS96Mではキャストウェイト7~48g

ほぼショアで釣りをするライトルアーゲーム全般揃えられています。

テルヤス
テルヤス
ロッドに記載されていた表に基づくと、最適最適最適!と書いてある対象魚が多いね!すごい!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
さすがにエギングロッドには・・・シーバス・タチウオも最適!なんて書いているのは・・・見たこと無いね。

フリーゲームの価格帯

フリーゲームの価格は安いもので定価で8,800円、高いもので12,800円という本体価格です。(2019年6月時点)

流通されている実売価では1万円弱で販売されているものがほとんどでしょう。

定価で1万円を割るものもありますので、エントリークラスとしても選択肢として入れやすいですね。

テルヤス
テルヤス
実売価で1万円を切る価格帯は魅力的です!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
たしかに!いきなり1万円以上のロッドとなると・・・それに、1本で色々と使えそうな期待度が嬉しいです。

実際に購入したのはS86ML-4

フリーゲームS86ML実際にぼくが購入したのはS86ML-4です。
上記の画像にもありますように対象魚はシーバス・タチウオ・アオリイカなどです。

シーバス・タチウオ・アオリイカというと、いずれも専用ロッドがリリースされている人気のある釣りジャンルです。

そんな専用ロッドが発売されているのに、このフリースタイルロッドという・・フリーゲームは対象魚として記載されているのです。

S86ML-4の対象魚

シーバス・タチウオ・アオリイカ など

テルヤス
テルヤス
実際に堤防で狙うルアーの対象魚って、シーバス・タチウオ・アオリイカが多いので、この1本があれば助かる形になりますね。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
なかなかシマノさんも、がんばっていますね。

この竿を選んだ理由、これ1本で万能に使える?

この竿を選んだ理由です。この1本で、たいがいの堤防から狙える魚は釣れそうだ!という期待感からです。笑

それに価格も実売価で1万円を下回る手ごろ差というのも嬉しい点でした。

汎用性の高さと値ごろ感が魅力

購入して、使う前までに気になっていた4点

これは、先に引用したところにありますように、振出竿であるがゆえに感じるダルさ、不自然な曲がりを克服したという点です。

それでいて、アオリイカを狙うエギングが一番気になりました。

シーバス・タチウオはミノープラグやバイブレーションを主に使えば、特段にライントラブルは起きにくいと考えています。

しかし、エギングはエギをしゃくったりするので、専用設計されたガイドがあるぐらいです。振出ロッドで、大口のガイドが取り付けられているロッドです。

使わない前から、ライントラブルが気になっていました。そして、振出ロッドの宿命と言える使用中のガイドのズレも気になっていました。

購入、使用前の気になっていた点
  • 振出ロッドのダルさ克服?
  • 振出ロッドの不自然な曲がり克服?
  • エギングで使用してガイドトラブル多くないの?
  • 使っていてガイドがずれないの?

主にこの4点でした。

気になっていた点は、使ってみてどうだったのか?

予想通りの部分もありましたが、価格も考えたらかなり頑張っている内容でした!
むしろコスパと汎用性を考えると良いぐらいでしょう。

価格と汎用性を考えると、許せる範囲内という結果もありました。

振出ロッドのダルさは克服できているのか?

まずは振出ロッドのダルさ克服についてです。

意外に持った瞬間から、竿の軽さには驚きました。爆

そして、シーバス・タチウオで使うよりも一番ダルさがしっかりと分かるだろうというエギングで使ってみましたが・・・。案外エギをしゃくれます!!これは驚きました。

一番、いい意味で裏切られた点です。笑

克服というと・・・あまり振出ロッドのルアー竿を使ったことが無いので分かりませんが、ダルさというダルさは、そこまでありません。つまり・・・多少のダルさは個人差なのかもしれませんが感じました。

不自然な曲がりを克服できているのか?

続いて、不自然な曲がりを克服という点ですが・・・。

わりと綺麗に曲がっています。不自然さは感じられませんでした。ただ・・・振出ロッドを何本も持っていますので、振出ロッドでも綺麗に曲がる竿はあります。ルアーロッドに近づいた曲がり方という点では、よくできています!

エギングで使えるのか?

そして、気になるエギングでの使用について・・・

ラインスラッグを多用せず、風もなく、・・・今までエギングをやってきた人にとっては、それほど多くトラブルが発生しないかと思います。

というのも、やはり、エギングでの釣りはPEラインを使用しますので、どうしても糸ふけが出て穂先付近にラインが絡みやすかったり、キャスト時にラインが引っ掛かったりしやすいのです。

この点においては、可もなく不可もなくという感じです。ただ、エギング専用にガイド設計されたエギング専用竿と比べると使用感は落ちます。

フリーゲームの穂先部分

実際に、ぼくの妻(年間につきあい程度で数回釣りに行く程度)が使用していると投げた時、エギをしゃくっている時に穂先から2番目のガイドによく糸が掛かっていたようです。

ただ、エギングってやっぱり強く竿をしゃくったりしますが、いきなり折れたりとかも無くて良かったです。笑

 

ガイドはずれないのか?

フリーゲームの竿先ちなみに磯の高額ロッドなどでは、ガイドが綺麗に真っすぐ合わせやすいようにガイド合わせラインが入っていたりします。

ロッドの長さも磯竿に比べて短いですし、フリーゲームはありませんでした。

実証してみましたが・・・。予想通り、ガイドは使っていてずれました

3時間ほど釣りをしていてズレを修正した回数は2回なので、ん~・・・まぁ、そんなもんでしょうか。笑 投げ竿とかは、ガイドがずれないように竿自体に溝が加工されたものもあります。フリーゲームにはありません。

フリーゲームの良かった点

ここまで、実際のところ・・・もう一つ!と言った部分もありました。

振出ロッドならではの仕方の無さそうな部分もありましたが、実際に良かった点も多かったのです。

続いては良かった点を挙げていきます。

見た目がとてもスタイリッシュ!

フリーゲームのグリップフリーゲームのグリップです。普通にカッコいいです!

フリーゲームの全体図全体を見ても、やはりカッコいいです。黒色と金色のパーツが多いので、全体的に綺麗に見えて高級感も出ています。

エギングロッドとフリーゲーム左に立てているロッドが8.6ftのエギングロッドです。同じ長さのはずのフリーゲームは、パット見た感じ2ピースのエギングロッドと比べて約半分の長さですよね?

やはり、これだけ仕舞寸法がコンパクトなのは、持ち運びなどでは大変楽です。

(画像は一部、釣り場風景を編集しています)

同じ長さのエギングロッドと見比べて約半分ほどのコンパクトさ!

上の写真で使っているクーラーはアジング・メバリング用に多用しているクーラーですが、エギングでも活躍しています。

クーラーに関する記事はこちらからどうぞ アジングのクーラーボックスにはクールラインαライトソルトがおすすめ!

意外に飛距離が出る!

あんがい3.5号のエギを使って、投げてみましたが普通に飛びます!笑

同じくエギングロッドと比べて見ても1~2mほど飛んでないかな?ぐらいでした。しかも、使っていたPEの号数はフリーゲームは0.8号、エギングロッドは0.6号だったので、体感的にはほぼ変わりませんでした。爆

どうなっているんだ エギングロッド?笑 投げ方の問題もあるかもしれませんが!爆

テルヤス
テルヤス
お世辞抜きで割と飛んで驚きました。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
わりとってなんやねん。笑

やはり汎用性が高いロッドと言えます

使ってみて、投げやすさはアンダー1万円で継竿でないことも考えると、投げやすいですし、使ってみたダルさも、2ピースロッドまでは行きませんがそこまで気になりません。

ちょい投げは、普通に使えそうですし、一番トラブルが多そうだったエギングも何とか使ってみて、それほど激しくトラブルばかりというわけではありませんでした。

この点からでも、色々と1本で使うのには良い竿です。

テルヤス
テルヤス
1本で色々と使うのには、本当に使いやすそうです
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
こんなのを待っていた!って感じだね!

実際に買って良かったのか?

メインロッドとして、エギング・シーバス・タチウオは・・・ワインドとかルアーとかをするのには使えることは使えると言えるでしょう。

特に、エギングにおいてはガイド設計によるところのライントラブル起こる可能性があります。そして、ルアーフィッシングはキャストの多い釣りです。

キャスト時にガイドがずれるなどのやっかいごとを考慮に入れた上で・・・

サブロッド、荷物を多くしない時、1本で色々な釣りをしたい時は使い勝手の良い竿だと言えます。この点から、メインロッドとして、特にエギングではおすすめしませんが、総合的には買って良かったと言えます。

すでにエギングロッド・シーバスロッドを持っている方からすると、専用タックルをメインとして、サブで使う形が理想でしょうか?これから釣りを始める方にとっては、強い味方になりそうです。

レンタルで貸し出し用として、使う場合にとっても使い勝手が良いです。

振出ロッドが2ピースロッドよりも助かる?

振出ロッド先にレンタル用と言ったのは、やはり釣り竿を貸すと・・・どうしても折れてしまうという可能性があるため、快く使ってどうぞどうぞ!というのは・・・。なかなかできない方も多いのでは?

この振出竿というのは、例えば今回使っている8.6ML-4は4本で構成されたロッドです。なので、折れた部分のパーツを交換すれば修理ができるのです。

シマノのパーツ価格表は下記を参照してみてください。フリーゲームのS86ML-4に飛びます。

https://www.shimanofishingservice.jp/parts_price.php?scode=38810(外部リンク)

穂先部分の#01は2,700円、次の#02は3,200円、次の#03は3,800円となっています。

しかし・・・根元の#04は8,300円です。いずれも2019年6月時点の本体価格になっています。

穂先部分が折れた場合は2,700円で新しい穂先と交換。ガイドをなくしていた場合はガイドも価格がプラス。メーカー修理出しでは工賃も掛かってくるでしょう。釣具屋でもいくらか工賃がかかるかもしれません。

この点からも折れた部分だけ交換できるので、メリットは大きいです。

根元部分が折れたら、速攻で新品と買い替えるか・・違うのを購入するかを考えてしまいそうな高額ですね。

ちなみにエギングロッドの18セフィアBB 86MLは穂先で8,100円、#2の根元側で12,250円いずれも本体価格となっています。

https://www.shimanofishingservice.jp/parts_price.php?scode=38792(外部リンク)

また並継ロッドの場合だとガイドの取り外しやガイドの巻き直し(スレッド交換)は、基本メーカー修理出しで工賃が掛かってくるので、アフターが簡単というのも振出ロッドの利点でしょう。

フリーゲームの評価

コスパ
使い勝手
デザイン
汎用性
総合評価

ぼくのフリーゲーム評価です。コスパは、まずまず優れています。というのも、付いているガイドもトップガイドはSicです。さすがに、他もSicにしてしまうと、実売価アンダー1万円では無理だったのでしょう。

そう考えるとトップガイドにのみでも、滑りの良いSicを付けてくれていて良かったと言えます。

使い勝手も色々と使えるように仕上がっているので、わりと張りがあって使いやすい竿です。しかし、どうしても2ピースロッドの使い勝手と比べてしまうと落ちます。

デザインは非常に良いです。しかし、振出の誘導ガイドや固定ガイド部分は、普通のちょい投げ竿や磯竿と同じような遠投ガイドでしたので、その辺はカッコいいのかと言えば、他のデザイン部と比べて、そこだけ普通のロッドです。笑

汎用性は高く、フリーゲームというだけあって、色々な釣りに使えそうです。

総合評価も色々と手軽に使えて、意外に軽量で継竿のルアーロッドに近づいている点が良いですね!

テルヤス
テルヤス
この価格で言うと、やっぱりよくできているんじゃないでしょうか?これで1万円以上で購入するのなら・・ちょっと考えますが・・・。

 

フリーゲーム86MLに合わせたリール

フリーゲームとレガリスちなみに、86MLと合わせていたリールですが、ダイワの18レガリスLT3000CXHです。

色々使う用に購入したもので、今はPE0.8号にリーダーを4号結んでいます。
想定している釣りはエギング、シーバス、太刀魚、ちょい投げです。

エギングをするにはリーダー4号も要らないのですが、シーバス・タチウオをする時には4号を使うことも多く4号を結んでいます。本来、0.8号でリーダー4号は太いのでは?と思うかもしれませんが、PE自体の強度が強いこともあり太めで設定しています。

参考タックル

Daiwa(ダイワ)
¥7,280
(2019/09/20 13:30:36時点 Amazon調べ-詳細)

18レガリスLTに関連する記事です。レガリスLTも1万円未満で購入できるコスパの良いリールです。しかも、巻き心地は非常に滑らかなので驚きました。爆

ハンドルノブを交換したり、ベアリングを追加するとより良い感じになりますよ♪

18レガリスLTをフルベアリング化、ハンドルノブ交換でカスタム!

共回り式スピニングリールにリールスタンドを取付け!

フリーゲームには値段的に同価格帯のを合わせましたが、良い感じです♪

さいごに

今回購入したフリーゲームですが、釣りをしていて対象魚ではない魚を急に狙う場面でも使いやすいロッドです。
これから釣りを始める人の1本目としては、1本の竿で色々な釣りを楽しめるのでおすすめです。その他にサブで1本持って行くのにも使いやすい竿だと言えます。

シマノさん。面白い竿を作りましたね~!!

とりあえず1本だけ持っていって、その場の状況に合わせて釣り物を狙ってみる!
そういう使い方の竿が1本あっても良いのではないでしょうか?

ではでは 良い釣りを!