釣具のカスタム

18レガリスLTをフルベアリング化、ハンドルノブ交換でカスタム!

どうもです。2018年にダイワから発売されたスピニングリールで、コスパに優れながら人気モデルと言えば18レガリスLTではないでしょうか?

見た目も良いですし、実際に使用感もいけています。

しかし、そんな18レガリスですが、できたら剛性感とリーリングのシルキー感。
さらにはライントラブルを減少させる意味でも、ローラーベアリングへの交換ができる部分はしておきたいところです。

今回は18レガリスLT3000CX-Hを使ってカスタムしてみました。
ベアリング化を考えている方は是非参考にしてみてくださいね!

レガリスカスタムハンドルノブも交換すると、締まって見えて、さらにカッコ良くおすすめですよ♪

テルヤス
テルヤス
ハンドルノブを変えたら、かなり印象が変わって高級感が増しました♪
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
たしかに!

 

18レガリスLTのベアリング化できる場所は?

18レガリス18レガリスLTのベアリング交換できる場所は、2か所です。

ベアリング交換可能場所

〇ラインローラー部分

〇ハンドルノブ部分

この2か所になります。また、部分的には2つですが、ハンドルノブ部分はベアリングカラーが2個入っていますので、個数で言えばラインローラー部分が1つ。ハンドルノブ部分が2つ。合計3個を追加することになります。

ダブルハンドルの場合は、ハンドルノブが1つ多い分、ベアリングの数も2個多くなります。

ラインローラー部にベアリング 1個

ハンドルノブにベアリング2個  シングルハンドルの場合は合計3個追加可能

ラインローラー部分のベアリング交換方法

ラインローラー部のローラーネジラインローラー部分にあるローラーネジを外します。

この時は、作業中にボディやハンドル、スプールに傷が入らないようにぼくの場合は外してから行っています。

ローラーネジを外した画像ローラーネジを外しました。この時点でばねの力があるので、ばらけないようにベールを持っている状態です。

ラインローラー組ラインローラー部分を外します。レガリスLTはラインローラーを外した状態で、ベール側に黒色のカラーが付いていました。これは外さずにそのまま利用します。

ローラーカラーローラーカラーを外します。

ラインローラー部分外側からローラーネジでベールを固定してあり、その中にラインローラー、ラインローラーの中にカラーが入っている状態です。青色のピッキングツールで外しているのがカラーです。

2つのパーツで構成されていますが、両方とも抜きます。

ベアリングチューンキットベアリングチューニングキットです。ダイワから出ているSLPの純正キットでも良いですし、ヘッジホッグスタジオ。またまた、他メーカーの社外品でも良いです。

ただ、純正以外はアフターの対応が不可になるでしょうから、自己責任です。

ちなみに、今回交換したのはヘッジホッグスタジオのパーツです。

ベアリングをローラーワッシャーで挟むような形になります。

ラインローラーにベアリングを入れるラインローラーカラーを抜いた部分にベアリングを入れます。

ワッシャーを挿入ベアリングの外側左右にワッシャーをかまします。が、この時にグリスを付けて行っていますが、グリスを付けるとワッシャーも動きにくいのでやりやすいです。

ベアリング追加反対側もベアリング追加した外側にワッシャーを付けときます。

ラインローラー部分を戻すあとはラインローラー部分を元の位置に戻します。

ラインローラー部分交換完了ラインローラーネジを絞めこんで、ラインローラー部分がスムーズに回転していれば完了です。

ヘッジホッグスタジオのラインローラー1BB仕様チューニングキット(RK)を使用しました。今回は防錆に優れたHRCBを使ってみました。

ハンドルノブ部分のベアリング交換方法

ハンドルノブ部分ハンドルノブ部分の真ん中にある穴にピックアップツールを挿入します。

ピックアップツール先が曲がっている針金のようなものでも代用可能です。

愛用しているのは、ヘッジホッグスタジオのものです。
適度な重量感があって所有感もグッドです。

ハンドルノブキャップを外すハンドルノブを分解する際には、まずはハンドルノブキャップを外します。

基本は挟まっているだけなので、引き抜くイメージでやりましょう。

ハンドルノブキャップ外れました。

ハンドルノブ止めネジハンドルノブの止めネジを外します。

ハンドルノブ組ハンドルノブ部分を分解した画像です。

外側から、ハンドルノブキャップ。ハンドルノブ止めネジ、カラー、ハンドルノブ、カラー、ハンドルとなっています。

今回はベアリング交換なので、この黒いパーツであるカラーをベアリングに交換します。
ベアリングは純正品を用意しても良いですし、社外品でも良いでしょう。

社外品の場合は純正品ではないので、アフターなどの対応が受けられないと思って下さい。

ただ、この部分のベアリング交換は簡単なので、アフターを受けられないとしても自分で交換しやすい場所なので、それほど心配にならなくてもOKかと思ってます。

ベアリング交換ちなみに今回交換したのも社外品のベアリングです。

やはり純正品だと・・値段が高いので・・・爆

ハンドル部分のベアリング交換完了外した時の逆で戻していくと完了です。

ハンドルノブ部分のベアリング交換時には、防錆の意味も込めてグリスを塗りました。

以上でラインローラー部分。ベアリング部分のベアリング交換が完了です。

ちなみにベアリングサイズは7×4×2.5です。

探せば価格も色々あります。ミネベア製のステンレス、シールドタイプをよく使っています。

Daiwa SLP WORKS(ダイワSLPワークス)
¥2,860
(2020/06/04 18:02:06時点 Amazon調べ-詳細)

純正で交換する場合はハンドルノブS用のBBキットがあります。

 

ハンドルノブも交換しちゃう?

ゴメクサスハンドルノブちなみに、今回のレガリスLTのカスタムでは、ハンドルノブを一緒に変えちゃおう!って思い、Amazonでゴメクサスのハンドルノブを注文していました。

サイズは30mmと小型な方になりますが、かなり手に馴染みよく交換して良かったです♪

ゴメクサスのハンドルノブ交換方法

ハンドルノブ交換ゴメクサスのハンドルノブ付属品は、ハンドルノブ組とベアリング2個、ワッシャーが数枚、ダイワハンドルタイプS用に付けるブッシング、取説などがあります。

この中で、今回はワッシャー類は使用しませんでした。

ブッシングはダイワハンドルノブS用には必須なので、忘れずに入れましょう。

ブッシングこれがブッシングと言われるパーツです。ゴメクサスのハンドルノブの場合、ダイワSタイプシマノではハンドルタイプAに合うように作られています。

このため、ハンドルのシャフトの長さ調整用として、このブッシングが必要になってくるようです。

シャフトにブッシングとベアリングハンドルシャフトにブッシング、付属のベアリングを入れてみた画像です。

この時も防錆を考慮してグリスを塗りました。

ハンドルノブゴメクサスのハンドルノブを挿入します。

ハンドルノブこの状態では、ハンドルノブ部分に1つしか、ベアリングが入っていないため、もう一つ追加します。

ハンドルノブにベアリング追加ここから奥に押し込みます。

ベアリングを押し込んだ画像押し込みました。目安としてはシャフト部分と同じ高さぐらいまで押し込みましょう。

ハンドルノブ止めネジ純正のハンドルノブ止めネジを使って、ノブを固定します。

ハンドルノブこの状態でハンドルノブが回らない場合は、ワッシャーが入っている場合は抜きます。
ワッシャーが入っていない場合は、回らなかったことは無いので分かりませんが・・・回らなかったらブッシングを削ったりしないといけないのかな・・・とも思います。が、そんな対応をするなんて考えると困りますね・・・。爆

ガタツキが大きい場合は、最初に入れたブッシングを抜いて、シャフトの一番根元側にワッシャーを追加します。追加して、ノブががたつかず回転がスムーズなら最高です。

個体差があるものなので、100%ガタ無しというのは少ないでしょうけれども、ある程度はガタは無くなります。ちなみに、ぼくのも若干のガタがあります。笑 が、巻いていて気になる程度では無いのでOKレベルです。

ハンドルノブキャップハンドルノブキャップを回して締め込みます。

ハンドルノブの交換完了これでハンドルノブの交換が完了です。

18レガリスカスタム

ちなみに、ゴメクサスのハンドルノブにはボールベアリングが2個ついていますので、ベアリング交換を考えている方は一緒に交換できるので、お得な内容です。

ゴメクサス (Gomexus) リール ハンドル パワー ノブ シマノ ダイワ (Daiwa) Type S (Shimano) Type A 用, 18 フリームス 2500 ステラ C3000 用 アルミ 30mm
GOMEXUS

今回取り付けたのはダイワタイプS用のブラックゴールドの30mmです。

テルヤス
テルヤス
やっぱりゴメクサスのコスパはさすがです。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
見た目も綺麗だし、良いね!

さいごに

今回は、18レガリスLTのラインローラー部分のベアリング化、ハンドルノブ部分のベアリング化、ハンドルノブ交換を紹介しました。

カスタム内容としては、比較的簡単にできる部分で、なおかつラインローラー部分はライントラブルの軽減など、メリットは大きいと信じています。笑

また、ノブは好みによるところですが、ルアーゲームで早巻主体やリーリング主体で釣りをする場合はラウンドタイプのノブが握り易くておすすめです。

で、結局今回の交換したパーツって?

18レガリスカスタム

こちらのヘッジホッグのラインローラーBBキット
海水での使用を前提としているので、防錆ベアリングであるHRCBをセレクトしました。

ゴメクサス (Gomexus) リール ハンドル パワー ノブ シマノ ダイワ (Daiwa) Type S (Shimano) Type A 用, 18 フリームス 2500 ステラ C3000 用 アルミ 30mm
GOMEXUS

ゴメクサスのパワーハンドルノブ

この2つの製品でした。ゴメクサスのパワーハンドルノブにはベアリングが2個付いているので、一緒にベアリングを交換しようと考えている方には、まさに一石二鳥です。

レガリスLTはハンドルノブS交換可能となっていますので、1000番から5000番まで交換できるので、番手によってはノブの大きさを変えた方が良いですね。特に4000、5000となると30mmでは小さく感じる可能性大です。

Daiwa SLP WORKS(ダイワSLPワークス)
¥1,449
(2020/06/05 14:05:24時点 Amazon調べ-詳細)

ノブやラインローラー部に付けていたグリスです。
今年買ってみましたが、使いやすくて気に入っています。笑

ちなみにヘッジホッグスタジオのフルベアリングキットもありますが、
ラインローラーなどのよく使うものは、良いのを最初は入れておいても良いかなと思うのです。しかし、ハンドルノブなどは、汎用などでカスタムコストを抑えても良いのかな・・・。
とケチっています。爆

テルヤス
テルヤス
カスタムはしたいんだけど、やっぱり価格を抑えたいという気持ちがあるんですよねぇ。笑
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
分からなくもない!