魚釣りのこと

サーフからの釣りを紹介!

砂浜どうも!釣りを始めてから数十年。

時々、無性に行きたくなる釣り場があるのですが・・それは具体的な釣り場ではなく「砂浜(サーフ)」です。今回は砂浜(以下サーフ)の釣りの魅力、釣れる魚を紹介していきますね!

サーフフィッシングって響きもいいですね!
テルヤス
テルヤス
のんびり広い釣り場で投げるのが最高に楽しいですよ!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
でた!テルヤスの雰囲気大事説!笑

サーフフィッシングとは?

丸山のサーフご覧のような砂浜での釣りが、サーフフィッシングとか、サーフと呼ばれる釣りです。
他には渚釣りという場合もあります。

比較的エントリーが簡単な場所が多いですし、海辺を走っていると砂浜も多いので釣り場は全国各地で非常に多いと言えます。釣り方もウキ釣り、投げ釣り、ルアーフィッシングと色々な釣り方を楽しむことができます

テルヤス
テルヤス
砂浜で釣りをしていたら、サーフフィッシング♪
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
難しいことは分かんないけど、なんだか楽しそうだね!

サーフでの注意点

駐車禁止場所やゴミのポイ捨てなどはサーフに限ったことではなく、どこの釣り場でも注意しましょう。

砂浜での釣りで特に注意すべき点があるとすれば、軽装です。

砂浜だからと言って、安全対策を怠らないようにしましょう!

これは釣りのスタイルにもよるところがありますが、堤防などではライフジャケット・インフレータブルジャケット(自動膨張式等)を着用していても砂浜では着用していない場合もあります。

やはり波打ち際での釣りなどで、引き波が強い場合に波にさらわれたりなど危険も考えられます。自分、周りの方のためにも着用をお願いします。

特にウェーダーを着用しての釣りとなると、ひっくり返ると足元が浮袋となり非常に危険です。ぼくが最初にウェーダーを買おうとしたときに釣具屋の方から「転倒したら足のほうが浮いて顔が沈んで危険だからナイフを持っておいて転んだ時は破った方が良い」と教えてもらいました。

当時、中学生でしたが非常によく覚えています。しかし、今ではナイフもそうですが、やはりライフジャケットの着用はウェーディングをする上で必須です。

サーフフィッシングの魅力

砂浜で釣りをする人サーフでの釣りの魅力として、朝陽、夕陽がとっても綺麗なことが挙げられます。

防波堤だと波が当たっている音や船の音も多いのですが、砂浜だと波の音が日常から解放させてくれるような癒しを与えてくれるのが魅力です。

テルヤス
テルヤス
釣りに没頭できる環境が最高だ!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
たしかに波の音と砂の音を聞きながら釣るのっていい感じ!

投げる楽しみ

浜で掛かった大物サーフでの釣りの魅力が続きますが、堤防から釣る場合はあらかじめ沖に出ていて水深があります。しかし、サーフからの釣りは地形を考慮したり水深を考えたりと、より自然と対峙して釣りを楽しむことができます。

特に遠投というキーワードが大事になってきて、遠くに投げるほど深くなることもあり、サーフからの釣りは自分の力で遠くに投げて釣るという醍醐味も味わえます。

10月下旬キス釣り
テルヤス
テルヤス
砂浜からの釣りは遠くに投げる事が重要になってきます。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
かといっても、近距離で釣れることも多いんですよ。

サーフで狙える魚たち

サーフで狙える魚は主に投げ釣りで狙うことの多い対象魚が挙げられます。しかし、堤防での人気魚種である回遊魚もサーフで多く釣れているのをご存知でしょうか?

食べて、釣って美味しい魚を紹介していきますね!

狙える魚は堤防と同じく人気の魚種が狙えます!

カレイ

マコガレイ投げ釣りの人気ターゲットであるカレイ。この魚は堤防からでも釣れますが、砂浜から投げて釣った時の感動はたまりません!

主に11月~12月と4月~5月頃に狙えます。

テルヤス
テルヤス
ズッシリとした重みが最高に楽しい投げ釣りの最高峰ですね!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
たしかに、砂浜から投げてカレイが釣れたら嬉しいだろうな!

キス

キスの釣果投げ釣りの代名詞ともいえるぐらい人気のあるシロギスもサーフからの釣りとして非常に人気があります。釣り方は置き竿で狙う投げ釣りよりも投げて、ゆっくりとさびいてくる引き釣りが一般的です。

針数も特徴的で多い時は8本以上を付けて投げることも。初めて投げる場合は糸がらみなどもし易いので、本数の少ない3本~4本で始めて徐々に針数を増やしていくと良いでしょう。

主に4月~11月頃まで、釣果にムラがでる月もあるものの比較的長い期間狙えます。

テルヤス
テルヤス
遠投で釣れることもありますが、意外に50m以内の近場で食ってくることも多い魚です。群れに当たれば数釣りも可能です!
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
仕掛けの全長が長いと慣れないうちはトラブルが多いので、最初は短めの仕掛けでチャレンジしましょう!

移動の多いサーフでの釣りは荷物をコンパクトにすることも釣果をあげる秘訣!
そんなサーフでの釣りの強い味方になるのがカスタムされたクーラーボックスです。
こちらのアイテムはサーフに必要な機能がギュッとカスタムされたモデル!

ヒラメ

ヒラメサーフからの人気ターゲットで、マゴチとともにフラットフィッシュと呼ばれて人気のあるのが「ヒラメ」です。

釣り方は主にミノーやメタルジグ、ワームなどを使ったルアーフィッシングで狙います。遠浅の海岸よりは急深になっていたり、地形の変化のある場所を狙ってみましょう。

主に10月~12月によく狙いますが、春から秋にかけても狙えます。

テルヤス
テルヤス
サーフからの代表的なターゲットがヒラメです。ヒラメ専用ルアーも多く発売されているほどです。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
サーフゲーム用ロッドやヒラメ用ロッドもメーカーから発売されてますね!
シマノ(SHIMANO)
¥15,690
(2019/11/18 13:34:57時点 Amazon調べ-詳細)

サーフ用ロッドとして人気の高いシマノ ネッサシリーズのベーシックモデルです。

青物

青物青物と呼ばれるブリもサーフから狙えます。ベイトの寄りも多く関係してきますが、初夏や初秋から晩秋にかけてルアーで狙えます。

テルヤス
テルヤス
意外に当たると最高に楽しいのが青物です。急深の潮流が速いエリアなども存在し、堤防では狙えない場所もあるほどです。堤防と違ってランディングネットではなく、浜へのずり上げが基本です。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
ギャフで引っかける人もいるそうだね!

黒鯛(チヌ)

チヌ釣り種として非常に人気の高い黒鯛もサーフから狙えます。釣り方としてはウキを使ったフカセ釣り、トップウォータープラグを使ったり、プラグを使ったルアーフィッシングでも掛かってきます。

釣りの時期は冬場から低水温の早春を除けば、長い期間釣れる魚です。

ルアーで狙う場合は水温が高くなりベイトが寄ってきている初夏頃から秋がよく釣れる時期です。

テルヤス
テルヤス
フカセ釣りでも人気のターゲットです。潮流のあるエリア中心に大型が期待できます。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
夏場のトップゲームなどは特に人気があるね。

アオリイカ

アオリイカアオリイカもサーフで狙えるターゲットです。

釣り方としてはエギングが主ですが、地域によってはヤエンで狙うところもあります。

時期としては5~6月、9~11月が面白いです。エギは遠投できるタイプのものやロングロッド主体がおすすめです。

テルヤス
テルヤス
サーフからのエギングもサーフエギングと言うカテゴリーがあるほど人気です。遠投して潮に乗せたり、沖のシモリ周辺を丁寧に探ったりと攻めにくい環境を攻められるのも魅力です。堤防に比べて混雑が少ないのも魅力の一つです。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
サーフはアオリイカにとっても穴場ってことだね!

さいごに サーフの釣りについて

サーフの釣りは週末に堤防で混雑していることがあっても、空いていることが多い釣り場です。初心者で釣りを始めたばかりの方でも、手軽に投げ始めるのには格好の釣り場です。

ただし、堤防と勝手が違って水深が浅いことも多く、遠投をしたり、地形や状況判断など細かく見ていくと結構難しい釣り場であったりもします。

広い釣り場で投げるのを練習するのにも最初は良いかもしれませんね。

ぼくも釣りを始めた頃は投げる練習のように砂浜で遠投をして楽しんでいました。この時は釣果はあったら良いですが、遠くに投げるだけで気持ちいいという感覚を覚えたんですよね。

まだ砂浜で投げたことの無い方は一度投げてみて下さい。

爽快感は最高です!

ではでは 良い釣りを!