ロッド・リール

ダイワ レグザをショアジギングで使って気に入った件

どうもテルヤスです。今年発売ダイワから発売されたレグザというリールがあります。

高剛性をウリとしたリールで、ショアジギングや大物狙いなどに活躍するであろう・・・と思われました。実際に先日、ライトショアジギングでツバス(ブリの幼魚)を釣りました。
その時に改めて思ったのですが、やっぱり、このレグザというリールは良いです。

特に巻き心地は、個体差はあるもんですがかなり滑らかです。

ダイワレグザ
テルヤス
テルヤス
うんうん。個人差はあるところですが、かなり巻き心地は気に入っています。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
ハンドルノブを交換しているところも大きいかもしれないね。

ダイワのレグザでショアジギング

ダイワのレグザでのショアジギングですが、ショアジギング用としては活躍する可能性が高いです。そして、巻き心地が案外良くて、LT化されて軽量化されたセルテートでは重みが物足りない・・・。という場合にも有効かもしれません。

19セルテートは秋に5000番台も発売予定ですが、実売価で半値以下のレグザはジワジワと評価が上がってきそうです。

実売価1万5千円ほどで高剛性のリールと言うのが魅力です。

レグザが気に入った理由その1 ボディ

レグザレグザのウリのひとつがメタルボディです。結構、乱暴にしゃくったり魚が掛かったあとも強引にやり取りをする際にボディがグラついたりするよりは、しっかりとしていた方が良いです。

その点は、アルミボディを採用していることもあり、頼りがいがあります。

テルヤス
テルヤス
ねじ込み式のハンドルも採用しているし、ボディ剛性もあるし、スペック的には欲しかったところです。

レグザが気に入った理由その2 ハンドルノブの互換性

ハンドルノブ交換ハンドルノブをアルミにすると、しっくりしていてカッコいい。

ラウンド型を好んで使っていますが、ショアジギングなどでは多少重みがあるハンドルノブを付けると勝手にハンドルが回るような感じで、勢いが付きます。

ぼくは早巻が苦手なので、手でつつみこむラウンド型が、やっぱり好きです。

幸い互換性のある社外品も多く、手ごろな値段でカスタムできる点が素晴らしいです。

レグザが気に入った理由その3 巻き心地

キロアップのアオリイカ上記はエギングで使ってみた写真です。

エギングでは、全然不要な部分かもしれませんが、実売価1万5千円前後のリールとしては巻き心地が良いです。

使用している時に、ハンドルノブ部分にもベアリングを追加している点も巻き心地の向上につながっていると思われます。

(ただ、エギングでは強度的には良いですが重いので手首が痛くなるかもしれません)

総合的に見て良かった。

価格帯は1万5千円ほど。それにラインローラー部のベアリング追加。
ハンドルノブとベアリングの交換。

カスタム分の費用は、実際のところショアジギングにはダブルハンドルは不要として・・・
ハンドルノブ(ベアリング付き)とラインローラー部のベアリングのみなので、2万円弱といったところです。

ボディ剛性、巻き心地、適度なリールの重み、やや重ためのショアジギングロッドとは相性が良いでしょうね。

レグザに文句を付けると?

レグザに文句を付けるとなると、ラインローラー部に最初からベアリングを入れておいて欲しかった点です。

もう1,000円、2,000円の定価が高いぐらいなら許容範囲という方も多いんじゃないでしょうか?

要所要所のパーツは、正直なところ高級感がありませんが、価格相応です。特にネジ部分は安っぽい感じがしています。

デザインも飽きがこないシックで気に入っています。ただ、過去にブラディアというリールがあり、そのリールを思い出してしまいました。

ボディ色がブラック、見た感じも似ているのですが、記憶では一度出ただけで、モデルチェンジもなく、市場から去って行きました。スポーツライフプラネッツでブラディアで検索してみても、一手しか出てこなかったので、やはり継続してモデルチェンジとかが無かったのでしょう。

このレグザというリールも同じように人気でなく、去っていくとなると実に惜しいです。

なので、レグザファンは増えて欲しいと願っています。

レグザで気になること

・レグザというリールの存続

・ラインローラー部にベアリングが欲しかった

・各部のパーツは高級感が無い部分もあり、全体としては価格相応

さいごに

レグザはライトゲーム用に使うような小番手や、シャロースプールタイプの発売がほとんどありません。そして、軽量化が欲しいアイテムとなればカルディアLTが選択肢として挙がってくるでしょう。

このレグザは、大物狙いや強度が欲しい時に使いたい。そんなリールです。

 

ダイワ(DAIWA)
¥14,399
(2019/09/20 16:36:56時点 Amazon調べ-詳細)

購入して、ライトショアジギング、エギングで使ったのはこちらのモデルです。
8.6ftのエギングロッド、9.6ftのライトショアジギングロッドに合わせましたが、そんなに違和感なく使えました。使っていたのがジグキャスターライトなので、ショアジギング用の9.6ftのMクラスと合うか?となると番手は小さく感じ、もう1手、2手大きいサイズが合うでしょう。

エギングロッドでは、やはり軽量化されたロッドとは、さすがに重たいとは感じましたが・・・。

2019年に発売されたダイワ・シマノのリールの中でショアジギング用にどれが良さそうか?と言われれば、このリールが良さそうです。秋用にお店で注文してもらってますので、また使ったらその時に改めて記事にしますね。

最近のハイエンドクラスや高価格帯リールは軽量化で強いことがウリになってきていますが、実際のところ竿が重たければ重ためのリールが相性良いです。

その点では、シマノのストラディックSWかダイワのレグザは中堅クラスのショアジギング用としてはおすすめです。