エギング

入門におすすめ!秋にエギングを始めよう!

秋はアオリイカのエギングを始めるのに最高の季節です。
今回はこれからやってくるエギング本格シーズンに向けて初心者の方に向けた記事を書きます。

テルヤス
テルヤス
ちなみに、ぼくもエギングでアオリイカを初めて釣ったのは秋です。
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
テルヤスでも釣れるんなら、だれでも釣れるって話か!?爆

アオリイカのエギングは秋に始めるのが良い理由

エギアオリイカは疑似餌であるエギで狙うのが定番となっています。色々な種類が各釣具メーカーから発売されています。カラーリングも様々です。

何といってもエギングの魅力は身軽に釣りに行けることでしょう。
そして、釣れたアオリイカは非常に美味しいといった食べる魅力もあります。

秋は小イカのシーズン

エギングでヒットしたアオリイカ秋は春から夏にかけて産卵したアオリイカの子供が成長して、釣れるシーズンです。
この子イカはシーズンを通して一番アオリイカの個体数が多い時期なので、初心者の釣り人でも釣れやすい理由がここにあります。

また、個体数が多く釣れる場所も水深が20-30cmぐらいあれば小イカが見えていることもあるぐらいです。そして、この見えているアオリイカも狙って釣りやすいのも秋の魅力です。

エギの動かし方も勉強できる

エギの動かし方は基本、竿をしゃくってエギを横にダートさせます。その後、ハンドルを回してステイさせたり、水平方向に移動させたり、エギの重みのままフリーで落としたり、ラインを張りテンションをかけて落としたり。

色々です。

でも、基本は竿をしゃくってエギをダートさせた後のフォールで抱いてきます。

あとはしゃくる回数を変えてみたり、強弱を変えたりしますが、色々試しましたがエギが左右に動いていてフォールさえさせれば抱いてくる可能性はあると言えます。

なので、最近は言い方が悪いですが、〇〇しゃくりと言ったくくりにとらわれていない適当なしゃくり方です。爆

と言っても、ラインが竿先に絡まったまましゃくったりすると竿が折れたりするかもしれません。その点は十分に注意したうえで行いましょう。

このエギを実際にアオリイカが追ってくる可能性が高い秋にこそ初めて欲しいです。

春はアオリイカが追ってきて抱いてくることなんて、早々ありません。

秋は個体数が多く沖に投げて、しゃくっているとワラワラとアオリイカが寄ってくることもあります。そんな時に、どうやって動かしたらイカがエギを抱いてくるか?考えながら動かしてみると目で見えない沖を探る時に役立ちます。

エギングのスタイル

釣り人エギングは竿とリール

それにエギを数個とハサミや予備のリーダーとクーラーボックスぐらいです。

大型のアオリイカを想定した場合はネットやギャフが必要ですが、秋の小イカシーズンは軽装になることが多いです。

エサが不要なことも好きな釣りの時間に出かけやすいのも嬉しい点です。

 

エギングは、簡単だけど釣れない時は釣れない

ぼくはエギングを始めてすぐにアオリイカが釣れたわけじゃないんですよね。

なかなか最初は釣れませんでしたが、そんな釣れない期間があったからこそ考えることも多かったと言えます。

アオリイカは簡単に釣れる時もあれば、なかなか釣れない時もあります。

釣れないケース

アオリイカは水潮を嫌うと言われており、大雨や台風後は一時的に釣果が落ちる場合があります。

釣り人が多い場合、先行者が先に釣り上げて周りにいなくなる事もあります。

また、釣れにくい時期があります。

釣れにくい時期は主に産卵を控えた時期で、個体数が少ないためです。全く釣れないわけではありませんが釣れないことも多い時期です。

釣れにくい時間帯

ぼくがエギングを始めた頃はアオリイカは夜行性だと言われ、夜が実際によく食いました。とは言え日中にも釣れます。

ただ、数釣りや釣れる可能性が高い時間帯は夜明けの朝まずめか、夕方の夕まずめになります。

エギングタックル

エギングタックル例秋のアオリイカは大型を狙う春の産卵期と比べて、小型のアオリイカが主流となります。
サイズとしては200g~1kg超えてくる当たりがメインとなってきます。

そんな中でも秋の初期は小型のアオリイカが多いので、イカを釣っているとよくイカの足だけ掛かったりするなど身切れを起こすことも多いです。

そんな時は柔らかめのL~MLクラスのロッドがおすすめです。竿が柔らかい分、エギを飛ばしすぎることも少ないので秋は特に良いです。

リールに関しては番手で言うと2500番前後が主流でエギング専用機も多数出ています。

エギング用ロッド

大手釣具メーカーのロッドを何点か紹介いたします。
価格差は入門用では数千円から上は10万円を超えるものまであります。

この価格の差はどこから来ているのか?原材料費の違いから来ていたり、デザイン料だったり様々な理由があるでしょう。

しかし、実用性があるのは1万円を超えてきた価格から2~3万円も出せば上等です。
それを超えるような4万、5万円の高価格帯ロッドは、すみません!高すぎてなかなか使うのも怖いです。笑

テルヤス
テルヤス
正直、お金が無いっていうのもありますけど。笑 
食いしん坊なヒヨコ
食いしん坊なヒヨコ
正直じゃないの 笑

価格が高くなるにつれて、竿の弾性やガイドに使われている材質も良くなってくる傾向にあります。

エギングはPEラインという伸びの少ない糸を使用することを前提に作られていますので、竿についているガイドは糸がらみを抑えた仕様になっています。ただし、数千円のロッドの場合は糸がらみを抑える機能が無い安価なガイドを採用していることもあります。

この点からある程度の価格の専用竿をおすすめしています。

シマノ(SHIMANO)
¥12,404
(2019/10/14 00:11:30時点 Amazon調べ-詳細)

全長(m) 2.59
自重(g) 104
適合エギサイズ(号) 1.8~3.8
適合ライン PE(号) 0.4~1
先径(mm) 1.6

シマノのエギング専用ロッド セフィアBBです。
まず始めるならこのシマノのエギング専用のエントリーモデルがおすすめです。長さは8.6ftで、遠投が効き秋の初期からシーズン後半、春までも十分使用できる汎用性の高いMLです。

全長(m) 2.59
自重(g) 94
適合エギサイズ(号) 2~4
適合ライン PE(号) 0.5~1
先径/元径(mm) 1.6/13.1

予算が許す場合はCi4+がおすすめです!何といっても100gを切る自重の軽さが魅力です。

 

ダイワ(DAIWA)
¥15,158
(2019/10/14 00:11:30時点 Amazon調べ-詳細)

全長(m) 2.59
自重(g) 107
適合エギサイズ(号) 1.8~3.5
適合ライン PE(号) 0.5~1
先径/元径(mm) 1.5/10.9

超売れ筋のダイワエギングエントリーモデル!上位クラス泣かせ!

 

全長(m) 2.59
自重(g) 95
適合エギサイズ(号) 1.8~3.5
適合ライン PE(号) 0.5~1
先径/元径 1.5(1.4)/10.9mm

※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、()内は素材先端部の外径

自重の軽さでも定評があるエメラルダスMXアウトガイドモデルです。インターラインモデルもありますが、糸通しが楽なアウトガイドモデルが一押しです!

エギング専用リールのおすすめ

竿がエギング用なので、せっかくなのでリールも専用機で合わせてみましょう。汎用スピニングリールでももちろん使えますが、竿と合っているとカッコいいです!

シマノ(SHIMANO)
¥13,870
(2019/10/14 08:56:14時点 Amazon調べ-詳細)

自重(g) 250
PE糸巻量(号-m) 0.6-200、0.8-150
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 73
ベアリング数BB/ローラー 5/1
スプール寸法(径mm/ストロークmm) 46.5/14.5

こちらは今年の新製品になるので、買い替えを考えていた方にもおすすめです!しかし、売れまくっている場合は品切れする可能性も大です!

シマノ(SHIMANO)
¥25,919
(2019/10/13 15:47:38時点 Amazon調べ-詳細)

自重(g) 195
PE糸巻量(号-m) 0.6-200、0.8-150
最大巻上長(cm/ハンドル1回転) 73
ベアリング数BB/ローラー 9/1
スプール寸法(径mm/ストロークmm) 46.5/14.5

軽量ロッドにぜひ合わせたいリールです。予算が許すなら頑張ってこのリールを手に入れたいところ!

 

 

自重(g) 250
PE糸巻量(号-m) 0.6-190、0.8-150
巻き取り長さ(cm/ハンドル1回転) 72
ベアリング数BB/ローラー 6/1

ダイワのエギング専用機です。エメラルドグリーンで彩られた美しいリールです。エメラルダスロッドと合わせましょう!

 

自重(g) 215
PE糸巻量(号-m) 0.8-150、1-120
巻き取り長さ(cm/ハンドル1回転) 72
ベアリング数BB/ローラー 7/1

エメラルダスに比べても自重がうんと軽くなっています。

今回はダイワ・シマノのエギング専用機の代表的な4機種を紹介しました。
ダブルハンドルとシングルハンドルがありますが、エギングに使用するのなら断然ダブルハンドルがお勧めです!

エギングダブルハンドル
いまさら聞けない?エギングにはダブルハンドルがおすすめの理由来週は洲本市の最高気温も30度超えの予想なんてありましたから・・・ そろそろ春のアオリイカシーズンが一気にやってきそうな予感です。 ...

 

秋イカのエギサイズ

エギングでヒットしたアオリイカ秋に使うエギのサイズは主に2.5~3.5号です。
浅場など水深が無いエリアではシャロータイプのエギや沈下速度の遅い2.5号のエギをわざと使うこともあります。

また、大きい3.5号のエギを投げて寄ってきたアオリイカをフォローで小型のエギにチェンジして抱かす方法もあります。

エギングを始める時期にもよりますが秋のシーズンは2.5号は持っておきましょう。

各社色んなエギが出ていますが、アオリイカは色が白と黒しか見えないと言われています。
特別にカラーもこだわらなくても釣れます。が、自分が見て釣れそうだと思うカラーを選びましょう。特別に変なカラーを選んで釣れそうに無いのに投げ続けるのもしんどいですよね。

最近は実際に自然界にいるアジ・イワシなどのリアルカラーが特に人気です。

さいごに

秋のエギングは初心者にとって特に釣りやすいシーズンなので、目で見てエギの動きを確かめてイカとのコンタクトを確認しましょう!

確認ができれば、次は目に見えていない場所でのイメージを膨らませて釣果アップに挑みましょう!

めちゃ釣れカラーNAJKは持っておきたい!

▼こちらのエギング関連記事もあわせてどうぞ!

セフィアBBとCi4+
18セフィアBBと17セフィアCi4+のエギングロッド比較まいど!近頃エギングに行きたくてウズウズしている管理人です。 さて、今回はシマノから発売されているエギングシリーズ「セフィア」の2...
アオリイカ
淡路島エギング釣果実績ポイントを5か所まとめて紹介! 兵庫県の中でもエギングポイントが数多い淡路島。 今回はエギングの実績の高いポイントを選んで紹介していきます。 淡路島は7...
エギングタックルとクーラー
エギングタックルの選び方を紹介 淡路島の釣り物でも特に人気の高い魚種と言えばアオリイカです。 今回はアオリイカの釣り方でも最も愛好家の多いエギングタックルを紹...